惜福=運がある時に調子に乗らず、惜しみながら使うべし。

分福=自分が持っている運を人に分けてあげること。

植福=例えば山に木を植える。その木は自分の役には立たないかもしれないが、子孫はその恩恵を受けることができる。つまり、自分の役には立たないけれど、のちに役になるように生きること。

写真は2年前の2018年4月。群馬への旅の帰り道で長野から岐阜に入り別荘方面に向かう道中が通行止めだったため、迂回したら偶然遭遇した一本桜。