「謙虚にして奢らず、さらに努力を」日本人の美徳はそこにある。

宇宙には、すべてをよくしていこう、進化発展させていこうという力の流れが存在している。それは、宇宙の意志といってもよいものだ。すべてに対して「よかれかし」という利他の心、愛の心を持ち、努力を重ねていけば、つまりこの宇宙の意志に合致するような心で努力をしていけば、その人の人生に成功と繁栄をもたらすことができる。

写真は当時小学1年生だった修大の初めてのレース。確か2004年12月岐阜県明智ヒルトップサーキットだった。そこへ初めて行くことができたのも、その後多くの方との出会いがあり今日まで辿り着いた。出会いお世話になった全ての方々の想いを背負って今週末のレースに挑む。