俺が俺がの我(が)を捨てて、お陰お陰の下(げ)で生きよ。

写真は昨年末の雪の鈴鹿山脈竜ヶ岳。稜線へと続く道

PR Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き