われわれ人間は、生きていく中で常に判断を迫られる。特に、経営者は些細な問題であっても、判断をひとつ間違えれば会社の存在にかかわってくる。その時、人は往々にして損得を判断して誤ってしまう。私は、人間として正しいのか正しくないのか、よいことか悪いことか、という正不正、善悪を判断基準にしてきた。経営も人間が人間を相手に行う営みなのだから、そこですべきこと、あるいはしてはならないことも、人間としてのプリミティブな規範にはずれたものではないはずだ。人生も経営も、人間を律する道徳や倫理に則して行われるべきだし、また、その原理原則に従えば、大きな間違いをしなくても済む。

写真は昨年末の雪の竜ヶ岳登山

PR

Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き

新型コロナウイルス抗原検査キット.tokyo

医者ログ.infoお近くの町医者情報をご提供下さい。