迂を持って直となし、患を持って利となす。

迂を持って直となし」とは、迂回路が最終的な近道となる。つまり「急がば回れ」。

患を持って利となす」とは、ピンチをチャンスに変える。つまり「禍を転じて福となす」。

遠回りをして最終的には近道として、一部の失敗を最終的な成功のキッカケにすること。

下記のinstagramは昨日の修大のテスト走行

PR Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き