18歳の心

18歳というのは、何かを志しているにも関わらず頭の中には空間がある。いつも自分をそのような状態にしていくことが、命いっぱい自分の花を咲かせる備えになる。 写真は昨年2019年9月。一階の庭に咲いたハイビスカス

もっと読む »

幸田露伴 福=運

惜福=運がある時に調子に乗らず、惜しみながら使うべし。 分福=自分が持っている運を人に分けてあげること。 植福=例えば山に木を植える。その木は自分の役には立たないかもしれないが、子孫はその恩恵を受けることができる。つまり […]

もっと読む »

自強不息

自ら努めて止まず。 天才は目標が無くても、努力し続ける人だ。 努力が習慣となり、体質となっている人だ。 写真は4年前。高校を卒業した2016年春。鈴鹿に旅立った修大が書き残してくれた書

もっと読む »

国破れて 山河あり

当時の平泉はマルコポーロが黄金の国ジパングと評していたことで知られる。これは藤原氏三代の栄華を表している。三代とは藤原清衡、基衡、秀衡である。 秀衡の長男忠衡は源義経と弁慶をかこまっていた。秀衡の次男泰衡はこんな兄忠衡で […]

もっと読む »

木鶏

キセイシという調鶏師に皇帝が負けない鶏と作れと言われた。 10日目にまだダメ。チンピラのように肩で風を切って歩くから。 20日目にまだまだダメ。相手の挑発に乗るから。 30日目にOK、相手がかかって来ても挑発にも乗らず、 […]

もっと読む »

一休和尚

Q:「死後、この寺が困ったらこの箱を開けろ」 A:3年後に小僧たちが困り、皆で話し合いこの箱を開けることにした。すると開けた箱の中にまた箱があり、また開けると中にまた箱があり、これはすごい財宝が入っていると思い、また開け […]

もっと読む »