見えてくるまで考え抜く

夢が大きければ大きいほど、その実現までの距離は遠いものになる。しかし、成就したときの姿や、そこへ至るプロセスを幾度もシミュレーションし、眼前に「見える」まで濃密にイメージしていると、実現への道筋がしだいに明らかに見えてく […]

もっと読む »

強烈な願望を心に抱く

願望を成就させるためには、並みに思ったのではダメだ。生半可なレベルではなく、強烈な願望として、寝ても覚めても四六時中そのことだけを思い続け、考え抜く。頭のてっぺんからつま先までその思いでいっぱいにして、切れば血の代わりに […]

もっと読む »

木鶏

キセイシという調鶏師に皇帝が負けない鶏を作れと言われた。 皇帝が10日目に尋ねた。するとキセイシが答えた。 「まだダメです。チンピラのように肩で風を切って歩きます。」 20日目に再度皇帝がキセイシに尋ねた。するとキセイシ […]

もっと読む »

才能を私物化しない

どのように優れた才能も、それが生み出した結果も、私に属しながら私のものではない。才能や手柄を私有、独占することなく、それを人様や社会のために使う。つまり、おのれの才を「公」に向けて使うことを第一主義とし、「私」のために使 […]

もっと読む »

決勝レースの朝

フィロソフィーを作ってかれこれ25年になる。確か私が30才の時にフィロソフィーを作った。今で言う「スキマ時間」に心の中で毎日5回、自分自身に言い聞かせていた。朝起きて歯磨きをしながら。その後、アイボンしながら。そして毎日 […]

もっと読む »

普回向(ふえこう)

願わくは此の功徳(くどく)を持って、普く(あまねく)一切に及ぼし、我等と衆生(しゅじょう)と、皆共に仏道を成ぜんことを。 十方三世一切仏(ジーホウサンシーイーシーフー)。 諸尊菩薩摩河薩(シーソンブーサーノーコーサー)。 […]

もっと読む »

才を徳で制御する

人の上に立つ者には才覚より人格が問われる。人並みはずれた才覚の持ち主であればあるほど、その才に溺れないよう、つまり、余人にはない力が誤った方向へ使われないようコントロールするものが必要になる。それが徳であり、人格なのだ。 […]

もっと読む »

夢を売る 夢を与える 人を乗せる 人垂らし込む 稲盛和夫京セラ名誉会長  写真は今朝の風景。昨日夕方に岐阜県郡上に入り、今回もまたおじさんとおばさんのお世話になっている。

もっと読む »