1 恕は人に帰し、責は己に帰すべし。西郷隆盛

(じょはひとにきし、せきはおのれにきすべし)

人には許す心を持ち、己には厳しくすること

2 事を成す事業家になる。

起業家、経営者、事業家は異なる。

3 一流の人とは。

いついかなる時も元気がある人。

愛の言葉で満ちた良い環境を作る人。

人の長所を見抜き活かす人。

謙虚にして驕らず、さらに努力する人。

4 俺が俺がの我(が)を捨てて、お陰お陰の下(げ)で生きよ。

5 木鶏(もっけい)

戦わずして勝つ事。

「戦いに勝つ鶏が一番強い鶏」という人生の中で築き上げてきた固定観念を持つな。

6 言霊(ことだま)

言葉には魂がある。だから言葉を選ぶ事。

7 刃物で切った傷は治すことができる。しかし言葉で切った傷は治すことができない。

8 感性的な悩みをしない。

反省したら前を向き、前進あるのみ!