この世界の、この宇宙のどこかに「知恵の蔵(真理の蔵)」ともいうべき場所があって、私たちは気がつかないうちに、その蔵に蓄えられた「知」を、新しい発想やひらめき、あるいは想像力としてその都度、引き出したり、汲み上げたりしている。では、蔵の戸を開いて知識を得るにはどうしたらよいのか。やはり燃えるような情熱を傾け、真摯に努力を積み重ねていくことしかない。そんな人に、神は行く先を照らすたいまつを与えるように、「知恵の蔵」から一筋の光明を授けてくれるのだ。

写真は昨日気持ちよく歩いた富士見台高原へ続く古代東山道。近江の国から陸奥まで701年大和朝廷が造った道と記してあった。

PR Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き