ドリームステーション長谷川進

物心両面の幸福を追求すると同時に、明るく楽しく豊かな社会の進歩発展に貢献すること。

風の向こうに行きたくて〜2008年11月
ホンダレーシング HRCトロフィー 全国大会
もてぎツインリンク 決勝レースグリッドにて
当時11歳の三男長谷川修大と弊社代表長谷川進


バイクの魅力

四輪は自分で立っていられる。
しかし二輪は人間が命を吹き込んでやらないと立っていることすらできない。


四輪はX軸とY軸の二次元の空間の乗り物。つまりアクセルとブレーキを使った縦の動きとステアリングを使った右と左への横の動きだから立っていられる。

二輪はそれに斜めの動き、つまりZ軸が加わる。
その瞬間、時空間を越え三次元の空間に入り込む。

このX軸Y軸Z軸の3つの動きができるのは人類では航空機と二輪のバイクだけ。
航空機が無事に着陸した時、人々は無事だったことに安堵する。バイクも同じだ。マシンを降りてヘルメットをはずした時、ライダーは微笑む。

そこにバイクの魅力がある。

写真は2010年2月14日、当時小学6年生だった修大。鈴鹿サーキット国際レーシングコースのフルコースデビューの朝。小学1年生から6年間このサーキットを走ることを目標して毎週末土日祝日はどんなことがあろうと全国各地のサーキットを走ってきた。それまでの想いを胸にただひとりサイディングラップの時を待つ修大。

長谷川進 略歴

1988年4月 東京海上火災保険株式会社 入社

1995年3月 株式会社ドリームステーション設立(資本金1,000万円)

1997年4月 保険業法の100年ぶりの改正「金融ビッグバン」を受け日本で誕生した保険仲立人 コスモス・インシュアランス・ブローカーズ設立(資本金1,000万円)

1998年4月 「保険スクエアBang!」創業(日本初の保険比較サイト)

1998年10月 トゥエンティーワン・インシュアランスカンパニー設立(タックスヘイブンバミューダに設立したキャプティブ保険会社)

1999年10月 株式会社ウェブクルー設立(資本金1,000万円)

  2004年9月 – 東京証券取引所マザーズ市場上場(資本金15億円)

  2015年5月 – 東京証券取引所マザーズ上場廃止

2001年5月 株式会社ドリームステーション増資(資本金5,250万円)

2001年5月 有限会社ロイヤル・リスクマネジメント設立(資本金300万円)

2001年3月 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社と業務提携

2001年4月 ドライビングサポートカード(JCBカード)発売

2003年3月 三菱重工業株式会社と業務提携

2003年4月 ETC車載器・ドライビングサポートカードETCフルパック発売(世界初のETC車載器とETCカードのセット販売)

2004年10月 三井住友カード株式会社と業務提携

・・・

2017年9月 cafe しょぱん|喫茶店カフェショパンFCフランチャイズ加盟店事業展開

2020年7月 Go To トラベルキャンペーン 

トリバゴ go to キャンペーン」ホテル最安値検索サイト

Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き

2005年1月 当時6歳の時の初めてのレースの写真

2006年7月30日 当時小学3年生の時に見た初めての鈴鹿8耐

2009年12月 当時11歳の時の初めてのレーサーマシンGP125のテスト風景動画

2018年7月 鈴鹿8耐のチェッカーの風景

https://www.instagram.com/p/Bl0rTp5BcYt/
https://www.instagram.com/p/B0cZh8iHXWV/
写真出所:2021MFJ全日本スーパーモト選手権シリーズ最終戦レースレポート
修大 インスタグラム
Team S.T.F. インスタグラム
2022レース計画書 長谷川修大

S.T.F channel-YouTube

Suzuka Training Family-facebook

stf.supermoto-Instagram