起業家:自ら事業を興す(起業)者をいう。通常、ベンチャー企業を開業する者を指す場合が多い。アントレプレナー(英: entrepreneur)とも言う。元々存在する企業や事業の後継者は起業家とは言えず、新技術や新製品を生み出したかどうかよりも、ゼロから自分で事業を興したかどうかで、起業家と呼ばれるかは決まります。

事業家:事業を企て経営する人。例えばアップルコンピューターを起業し、その後一度は退職するものの経営難に陥った同社に戻り、数々の新しい製品で会社を大きくしたスティーブ・ジョブズ。

企業家:企業を起し経営する人のことですが、起業家や事業家との区別としては、ただ事業を経営するのではなく、新技術や新製品を生み出したり、組織を改善する為に新しい仕組みを作ったりと能動的に経営を行う経営者に対して使用されることが多いようです。

実業家:英語では businessman(ビジネスマン)。「実業」は、「事業」よりもう少し狭い範囲を限定する言葉で、「農業・商業・工業・水産業」などの生産・販売に関わる事業のことを指し、その実業の過程における事業を行う人が「実業家」と言えます。

資本家:企業体に資本を提供し、最高意思決定能力を持ち、出資した範囲ですべての責任を負う人、そして最終的に残った利益の配分にあずかる人。

出所:違いを徹底解説!起業家、事業家、企業家、実業家の意味とは?

孫会長は「我々(ソフトバンク)が投資している会社で利益が出ているのは3~5%しかない。日本的常識で言えばいかがわしい会社だらけ。我々は若者や起業家に『いかがわしくあれ』と言っているぐらいなんです。世の中が『立派な会社だ、安心な会社だ』と思うころには、成長しない成熟した会社になってしまう」と主張した。

出所:孫正義「私は未来作る資本家…いかがわしい企業に引かれる」

さあ、今日はこれから岐阜百々ヶ峰を登る!

写真は今朝食べた双子卵

PR Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き