願望を成就させるためには、並みに思ったのではダメだ。生半可なレベルではなく、強烈な願望として、寝ても覚めても四六時中そのことだけを思い続け、考え抜く。頭のてっぺんからつま先までその思いでいっぱいにして、切れば血の代わりに「思い」が流れるほどまでにひたむきに、強く一筋に思うこと。そのことが、物事を成就させる原動力となる。

写真は2016年春、修大が鈴鹿へ旅立った時に書き残した書

PR

Trivagoトリバゴホテル予約サイトはどこよりも安い!最大80%割引で最安値保証付き

医者ログ.infoお近くの町医者情報をご提供下さい。